就労継続支援A型の職員の悩みとは?自分に合った職場で働くための方法を解説!

<景品表示に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
就労継続支援A型の職員の悩みって?

「給与が低くてやめたい…。」

「利用者が大変で支援につかれた。」

「職員同士うまくいかない。」

私も、同じくB型で支援員をしていますが、人間関係、給与など同じ悩みをもっています。

ただ、あなたを必要としている利用者さんは、必ずいるということを忘れないでください。

ちゃい
ちゃい

こんにちは!
特別支援学校歴15年の就労支援員のちゃい@chai20100527です。
障がい者のお付き合いや結婚をサポートした経験があります!

★記事のまとめ

・就労継続支援A型の職員の悩みは、人間関係や収入の低さ、業務量
・悩みを解決するためには

この記事がおすすめ

・就労継続支援A型で働いているけど仕事の悩みがある
・就労A型から転職しようと考えている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

就労継続支援A型の職員の悩みとは?

女性がくまを抱いている

ここでは、就労継続支援A型の職員の悩みについて、解説していきます。

人間関係で悩む

職場での人間関係は、誰にとっても大事です。

就労継続支援A型の職員にとっては、他の人とのコミュニケーションや関係がうまくいかないこともあります。

悩む職員
悩む職員

周りの人と合わなくて働きずらい…。
もうやめたい…。

ちゃい
ちゃい

それは、つらいですね。
支援員のストレスがたまると余裕のある支援ができなくなってしまいます。


異なる能力や背景を持つ人たちとのコミュニケーションは、ストレスや不安を引き起こすことがあります。

また福祉関係の事業所は、入れ替わりが激しいので良い人間関係だったのに、急に変わってしまうこともあります。

毎日のことですから人間関係がうまくいかないのは辛いですよね。

上司や相談できる同僚がいるのであれば相談してみましょう。

収入が低い

就労継続支援A型の職員の中には、収入が低いことに悩む人もいます。

求人を見ても月給15万円~と書かれていると、手取りを考えたら生活するのが難しいです。

このように、労働能力や生活費に見合った収入を得ることが難しい場合、生活の安定や将来への不安が増えてしまいます。

ちゃい
ちゃい

福祉業界って仕事は大変なのに収入が低いとよくききます。
私も働いてみて実際、そう思ったんです。
ただ、逆に収入は二の次で想いがないと続かない仕事なのかなとも思います。

もし、あなたが収入で悩んでいるのなら、転職を考えたり福祉の仕事と副業を始めてもよいかもしれませんね。

仕事の業務量が多い

業務量が多い状況は、ストレスや過労の原因となります。

就労継続支援A型の職員は、自身の能力やペースに合わせて業務を遂行することが難しい場合があります。

その結果、仕事に対するモチベーションが低下したり、身体的・精神的な負担が増大することがあります。

A型は、利用者さんを雇用しているのと、B型よりも利益をださなければいけないという目標もあり残業の多い事業所もあります。

自分が体調をくずしてしまうと、他人の支援をしているどころではないので自分の健康を第一に考えましょう。

仕事内容が合わない

自分に合わない仕事内容で働くことは、ストレスや不満を引き起こします。

就労継続支援A型の職員にとっても例外ではありません。

仕事内容が自分の興味や能力と合わない場合、モチベーションややる気が低下し、仕事への取り組みが難しくなることがあります。

就労継続支援A型の職員の悩みを解決するための方法は?自分にあった職場で働くためには

友達同士でパソコンしている

ここでは、就労継続支援A型の職員の悩みを解決するための方法を解説していきます。

人に話す

自分の悩みやストレスを誰かに話すことは、精神的な負担を軽減する効果があります。

友人や家族、信頼できる同僚など、話しやすい相手に相談してみましょう。

彼らからの励ましやアドバイスが、新たな視点を提供してくれるかもしれません。

好きなことや趣味でリフレッシュする

カップルでご飯を食べている

仕事のストレスや悩みから離れるために、趣味に時間を割くことはとても有効です。

趣味に没頭することで、リフレッシュされて気分がリセットされます。

好きな人と遊んだりご飯を食べに行くでもよいでしょう。

趣味がない場合は、新しい趣味を見つけてみるのも良いでしょう。絵画、音楽、料理など、興味のあることを探してみましょう。

上司や同僚に相談する

仕事に関する悩みや問題は、上司に相談することで解決の糸口が見つかることがあります。

上司は経験豊富であり、適切なアドバイスやサポートを提供してくれるでしょう。

まずは率直に話し、解決策を共に考えていきましょう。

資格取得

オフィスで働く女性と男性

資格を取得してステップアップすることも方法の一つです。

管理者になるための方法をまとめています。

支援員からサービス管理責任者へのキャリアアップを目指す際には、以下の手順が一般的です。

資格要件の確認
サービス管理責任者に必要な資格や要件を確認します。地域や機関によって要件が異なる場合がありますので、所属する地域の厚生労働省や関連機関のウェブサイトで情報を入手しましょう。

必要な資格の取得
サービス管理責任者に必要な資格を取得するために、関連する研修や試験を受ける必要があります。一般的には、介護福祉士や社会福祉主事任用資格などが必要とされることがあります。

実務経験の積み重ね
サービス管理責任者の職務は、高い責任を伴うものです。そのため、支援員としての実務経験を積むことが重要です。実務を通じてリーダーシップや組織管理能力を発揮し、成果を上げることがキャリアアップにつながります。

求人情報のチェックと応募
サービス管理責任者のポジションが求人募集されている場合は、積極的に情報収集を行い、自身のキャリア目標とマッチする求人に応募します。履歴書や面接で、自身の経験や能力をアピールすることが重要です。

転職する

最終手段として、転職を検討することもあります。

自分に合った職場環境や働き方を見つけることができれば、仕事に対するモチベーションや満足度が向上するかもしれません。

ただ、福祉事業所というのは、実際に入ってみなければ分かりません。

試験や面接では、中身が見えませんので事前に見学をさせていただくのも良いでしょう。

ちゃい
ちゃい

私も、面接時の雰囲気と入ってからの雰囲気が違うので
驚いた一人です。(良い意味でも悪い意味でも…)
自分に合った事業所が見つかると良いですよね。

就労継続支援A型で働く職員の悩みは決して小さくありませんが、今日も明日もあなたを必要としている利用者さんがいることを忘れないでください。

そして、環境がどうであれあなた自身の夢にむかって一歩でも進んでいるのなら自分を褒めてあげることも大切です。

あなた自身の心が壊れる前に転職を考えるのもありかと思います。

就労支援員のつらさ…。ぜひ読んでみてください。
ちゃい
ちゃい

あなたのお仕事や恋愛を応援しています。
ちゃい@chai20100527でTwitterしていいるので、記事のシェアやフォローを
お願いします!
私も、支援員でがんばっているひとりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました