特別支援学校教員が就労支援員に転職してブログはじめました。

<景品表示に基づく表記> 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

「支援学校教員から転職したい。」

「子育てが大変で、子どもといる時間が欲しいから、教員から転職したい。」

「40歳でも転職できるかな。」

こんな悩みを持っている教員の方々は、多いのではないでしょうか?

実は、私もちょうど一年目(2022年秋頃)はそんな風に思い、毎日悩んでいました。

ちゃい
ちゃい

夜中、仕事しながら泣いたこともありました.
だから、皆さんの悩みには、共感しかありません。

私の教員を辞めるかどうか悩んだ理由は…。

・転職したいけど、39歳で転職できるかな。

・支援学校教員の仕事は、すごく好きだけど毎日の残業がきつすぎる。

・土日も仕事に追われる。子どもとの時間がない。

・平日は、保育園と児童館の送迎のあと、夕飯を子ども達に食べさせ、寝かせてから仕事。

・子どもの成長はあっという間。今しかないこの子の一瞬を大切にできないのかな。

こんな風に悩み始めたのをきっかけに私は、転職活動を12月にスタートして、2月に転職先の内定をもらいました。

本当にぎりぎり。

そう思いますよね。

だから、あなたでも大丈夫です。

そんな私のぎりぎりな転職活動については、プロフィールをご覧ください!

ちゃい
ちゃい

改めまして。
はじめまして!
元特別支援学校教員歴15年のちゃいのです。
現在は、教員から転職して就労支援員として働いています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特別支援学校教員から転職した理由

働くお母さん

大好きだった教師の仕事を辞めて転職しました。

大きな理由は、毎日の残業や土日の仕事に追われて、家族と過ごす時間が少なかったこと。

お金より時間を取りました。

残された時間は、無限ではありません。

その時間をどんな風に過ごしたいかな?と考えたときに転職を決断しました。

転職しようかどうか悩んだときに、Twitterをだらだら眺めていると転職に悩む教員が多くてとても励まされました。

そのなかで、参考にしたかつてさんの教員からの転職ブログこちらです。

教師からの転職や副業について紹介しています。
Twitterもやられているのでぜひ、フォローしてみてくださいね。

39歳からの転職は、厳しく、簡単なものではありませんでしたが、自分で選択した未来は間違っていなかったと思っています。

特別支援学校の教員が就労支援員を目指した理由

現在は、就労支援員として働いています。

転職先として、就労支援員を選んだのは、このような理由からです。

〇支援学校教員の資格を活かせる。
〇パソコンの資格や初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格を活かせる。
〇障がい者とかかわることができる。
〇定時退勤(求人に、残業がほぼないところが多かった)
 ※場所によるみたいですので面接時に確認する必要があります。
〇転職先として放課後デイサービスも悩んだが19時までの勤務で保育園の送迎が間に合わない。
〇障がい者が働けるカフェ(事業所)を作りたいという夢が達成できそう!

ちゃい
ちゃい

給与は、場所によりますが、民間も福祉サービスも
ほとんどが教員よりは低いです。
最初は、求人を見てびっくりしますが、共働きや
今までの貯金があれば生活はできます。
何よりも、ストレスがなくなるので、毎日の自分の心が健康でいられるのが幸せです。

30歳以上でも特別支援学校から転職して幸せな人生を送ることができます!

私が、転職活動を始めたのは、39歳の12月の末。

とにかく焦った私が、登録したのはリクルートエージェントの転職サービスです。

リクルートは、福祉サービスに特化した転職サイトではないのですが、まずは、自分にどんな可能性があるのか試してみたかったんです。

リクルートに登録⇒転職活動しながら福祉系のサイトにも登録してました。

リクルートエージェントに登録した後は、このような流れになります。

①担当者からメールか電話が来る。(私の場合、最初はメールでその後電話連絡)

②面談の日時を決める。(遅くでも対応してくれる。)

③面談スタート
時期がぎりぎりだったこともあり、担当者にいろんなことを聞かれるのでそれに答えました。
・なんで転職したいのか。
・どんな仕事を希望してるか。
・スキルや資格の有無など…

④履歴書や職務経歴書の作成スタート

⑤書類応募⇒書類で落ちることは覚悟してと言われる。笑。

⑥書類通過⇒面接
※この間に希望する職種の求人が自分のアドレスに送られてくるので興味があったら応募する。

リクルートエージェントは、担当者の方がとても親身になってアドバイスしてくれますし、30代からの教員からの転職にも対応可能で、求人数が多いのであなたに合った求人を紹介してくれます。

私は、職務経歴書も履歴書も15年ぶりくらいに書いて、全然分からなかったのですがとても丁寧に教えていただきました。


子育てしながら転職活動ができたのはリクルートエージェントさんのおかげです.

福祉サービスへの転職を目指すにしても、まずは大手に登録しておくとあなたの可能性も広がります。

教師から転職するかどうか悩んでる方には、まずは、転職サイトに登録して転職活動してみるのをおすすめします。

なぜなら…書類を応募するとほとんど通過しないので、転職活動をしても転職先が決まるどうかは、分からないからです。

①とりあえず転職サイトに登録⇒転職活動⇒決まらない⇒教員続ける。

②とりあえず転職サイトに登録⇒転職活動⇒内定!⇒教員続けるor転職する

どちらの選択肢も可能な状態にしておくことも大切なのではないでしょうか。
もちろん、教員の仕事をしながらの転職活動は、大変ですがあなたならできます。

二人の子育てをしながら、こんな私でもなんとかできました。
(へとへとになって髪もボサボサで出勤した日もありましたが…)

だから大丈夫。

まずは、転職サイトに登録してあなたの可能性を見つけてください。

ちゃい
ちゃい

リクルートエージェントは、大手のサイトです。
ここに登録しておくと、民間から就労支援員の仕事まで応募可能。
しかも、職務経歴書作成や面談のサポートもしてくれるから本当に助かりました!
ここからスタートしておくと、福祉関係の求人への応募もスムーズにいきますよ。
あなたの転職がうまくいくように応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました